デイトレーダーACEが為替相場を斬る!初心者御用達FXブログ

デイトレードの名手ACE。鉄の意志でエントリー&イグジットを待ち、ロスカットの徹底で損小利大を実現!鋭い切り口で相場を斬る!

≫ EDIT

スポンサーサイト

にほんブログ村 トラコミュ FX短期トレード予想へ
FX短期トレード予想

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 トラコミュ ドル円テクニカル予想へ
ドル円テクニカル予想

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今週の為替相場展望(3月1日~)

にほんブログ村 トラコミュ FX短期トレード予想へ
FX短期トレード予想

来週の為替相場は、株高・円全面安の持続性と調整的な円高を見極める展開となる。注目イベントが山積しており、日々のイベントに一喜一憂の乱高下も想定されよう。


まず注目は15-16日の欧州財務相会合。ギリシャの新たな財政削減措置への評価や、欧州版IMF構想の具体化などが焦点となる。すでに財政危機の一服によって投機的なユーロ売りの買い戻しが進展んできただけに、失望や材料出尽くしによるユーロ再下落のリスクが警戒される。


続く16日には米国でFOMCが予定されている。最近の指標改善を受けた景気判断の上方修正や、出口戦略の地ならし進展がドル高材料となるものだ。ただし、利上げ時期の前倒し思惑につながると、株安と対ドル以外でのリスク回避の円買いとなる可能性も消えていない。


さらに17日には日銀が金融政策決定会合で政策変更を公表する。直前までは追加緩和期待が円高を抑制する一方、4月までの追加先の先送りや、想定の範囲内の結果となると、材料出尽くしによる一時的な円買い戻しに作用するリスクが残る。


その他、16日の米2月住宅着工は大雪による下振れ、17-18日の米物価指標は、資源価格の下落による落ち着きが、それぞれドル安材料として意識されそうだ。


もっとも日本企業による3月期末対応の円転(ドル売りやユーロ売りなど)は、3月15-19日週でピークアウトしてくる。ドル/円の90円割れでは、国内機関投資家によるヘッジ外しのドル買い(保有米債の為替差損回避を目的とした先物ヘッジでのドル売りの買い戻し)も根強い。

さらに日銀が、4月までに追加緩和を行うことは確実だ。円金利の先行き低下が、ドル/円、クロス円での「外貨が下がれば買い」という押し目買い(円の戻り売り)と、外貨の底固めを支援しそうだ。

にほんブログ村 トラコミュ ドル円テクニカル予想へ
ドル円テクニカル予想
スポンサーサイト

| ウィークリー | 23:45 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週の為替相場展望(3月1日~)

にほんブログ村 トラコミュ FX短期トレード予想へ
FX短期トレード予想

今週の為替相場は、リスク回避の円全面高と反動修正的な円安の余地をにらみつつ、日々の材料に一喜一憂の展開となる。材料山積の中で、日替わりメニューの乱高下が警戒されそうだ。


基本的な流れは、米国の最近の指標悪化とFRBの早期利上げ後退がドル安、ユーロ圏の財政危機がユーロ安、英国の追加緩和の可能性がポンド安、世界的な株安と資源安の懸念が資源国通貨安のリスクとしてくすぶっており、消去法的に円高圧力が掛かりやすい。

しかも日本では3月決算が接近。輸出企業や機関投資家による海外収益の円転(本国回帰)が円買い材料として残されている。需給円での円高に便乗した、投機的な円買いが仕掛けやすくなっている。


一方で最近は、一般的な相場見通しが一方向に偏ると、投機ポジションの反動揺り戻しにより、反対方向に値が飛ぶパターンも見られ始めた。その意味で今後は円全面高のオーバーシュートと、反動的な円全面安が波乱要因として注視されそうだ。

とくに日本市場では、海外短期筋による日経平均先物売りと、ユーロ/円などクロス円での円買い(外貨売り)を組み合わせた投機戦略が活発化してきた。いずれかのタイミングで、株買い戻しと円売り戻しへと反転逆流する潜在エネルギーが蓄積されつつある。


また、日本では3月期末の円高・株安リスクに対し、ただでさえデフレに苦慮する政府・日銀は警戒態勢を強めている。例年、日銀は3月中旬から年度越えの資金繰りに配慮し、流動性の供給を強化させる季節パターンが見られてきた。そのため円高・株安が激化した場合は、日銀の「3月期末対策」を大義名分とした追加の資金供給が、円安への反転材料となる可能性も秘めている。

同時に日本企業の期末円買い(外貨売り)も、3月中旬にかけてピークアウトしていく。その後は国内機関投資家による「年度明けの新規外債投資」が外貨高・円安材料となってくるため、3月は需給円高の潮目の変わり目も、外貨の安値拾い(円の高値売り)のタイミングとして注視されている。


なお、今週の注目イベントは、それぞれの材料次第で当該通貨が上下動したり、リスク回避の円高とリスク回避後退の円安に振れる乱高下が想定されそうだ。

にほんブログ村 トラコミュ ドル円テクニカル予想へ
ドル円テクニカル予想

| ウィークリー | 06:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週の為替相場展望(2月22日~)

にほんブログ村 トラコミュ FX短期トレード予想へ
FX短期トレード予想

来週の為替相場は、ドル/円でのドル高・円安とユーロ安の持続性を見極めつつ、全般的に世界的な株安と円高の一段落を模索する展開となる。

FRBによる18日の公定歩合引き上げは、実際の利上げを示唆するものではなく、あくまで市場の正常化を狙ったものという見方が強い。24-25日にはバーナンキFRB議長の議会証言が控えており、議会からの「FRBの非伝統的手段が金融機関の儲け過ぎや、国債買い入れによる財政規律の悪化を招いた」という批判を封じ込めておく、という政治的な配慮も指摘されている。

そのため、ドル高の持続性には不透明感が残る。とはいえ、市場の意表を突いたFRBの出口戦略始動は、1)米国経済や米国株の回復軌道入りに自信を深めている、2)昨年までのドル安放置が後退した、3)次なる景気後退時に備えた政策手段の確保に動き始めた、といった点が注目されそうだ。


とくに来週は米国債市場で過去最大規模の入札が予定されている。かたやFRBによる国債買い入れは2月で終了するため、増発の続く米国債の消化には「新たな買い手」の確保が急務となってきた。

ましてやギリシャの財政危機により、世界的にソブリン・リスクが警戒されている。その中にあって海外の公的・民間マネーの米国債への取り込みが重要性を増しており、米当局は「ドルの安定化を政策的な優先課題にシフトし始めた」という観測が浮上してきた。

IMFによる金の売却方針も、米当局のドルの安定化策を先取りした動きという思惑がくすぶっている。さらにドルが安定化すれば、中国も人民元の切り上げに伴うドル急落リスクが後退。巨額なドル外貨準備高の為替差損という返り血リスクが低減されるため、通貨改革に着手しやすくなってくる。


同時に米国経済については、刺激策が息切れする夏以降の再減速リスクが消えてない。その際には政策手段が限られているため、景気が回復している現段階に、少しでもドルを持ち上げて次なるドル安政策のノリシロを確保しておく必要性が高まってきた。


一方、来週もユーロ安が波乱要因となる。とりあえずのターゲットであった1.3500ドル割れを達成し、ユーロの下攻めに一服感が漂うが、調整的な買い戻しが一巡してくると、1.3300ドル、1.3000ドル、1.2800ドルなどを意識したユーロ安が再燃するという見方も強い。ユーロ/円でのユーロ戻り売り(円の押し目買い)が、円高リスクとしてくすぶる。


その中で来週からは旧正月連休を終えた中国上海株市場がスタートする。中国の預金準備率引き上げや米国の公定歩合引き上げといった悪材料を吸収し、上昇となればリスク選好の円全面安、反対に下落が続くとリスク回避の円全面高という波乱要因となる。

その他、東京市場では24日や26日などに、まとまった外貨建て投信の設定が予定されている。一定の資金が集まるようなら、クロス円を中心とした円安・外貨高を支援しそうだ。

にほんブログ村 トラコミュ ドル円テクニカル予想へ
ドル円テクニカル予想

| ウィークリー | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週の為替相場展望(2月15日~)

にほんブログ村 トラコミュ FX短期トレード予想へ
FX短期トレード予想

来週の為替相場は、根強いリスク回避やユーロ/円が主導する円全面高と、反動的な円の売り戻し、ドル/円でのドル底堅さ(円安)が引っ張る形でのクロス円の円高緩和を見極める手探り相場となる。


ギリシャ財政危機などによるユーロの先安リスクは根強く、15日のユーロ圏財務相会合、16日のEU財務相理事会での失望リスクがくすぶっている。中国の預金準備率引き上げやギリシャ懸念による世界株安が尾を引くと、ユーロ/円が主導する形での「リスク回避の円全面高」が継続しよう。


一方で11日の豪州雇用指標や12日の米小売売上高が改善するなど、世界的な景気回復には変わりない。昨春からのグローバルな「過剰流動性相場」や「リスク選好相場」の行き過ぎ調整がピークアウトしてくると、世界景気の回復に即した緩やかな株高・資源高・円安に回帰していく余地が残されている。


さらにドル自体は、対ユーロでのドル高やFRB議長による先行きの公定歩合引き上げ示唆により、反発基調が明確化してきた。ドル/円でのドル安・円高圧力の後退が、クロス円での円高緩和につながる可能性も出てきた。


もちろん、日本企業は3月期末が迫っており、輸出企業や機関投資家による決算対応の円転・外貨売り圧力は根強い。ドル/円も90-91円にかけては、上値の重い展開が続くことになる。
しかし最近は機関投資家から、ドル安による保有米国債の為替差損を回避するための先物ヘッジのドル売りについて、買い戻しの動きが観測され始めた(ヘッジ外しのドル買い)。アジア系公的ネームの根強いドル押し目買いとあいまって、89円前半にかけての「ドルの値固め」に寄与している。


来週の注目材料は、米国の17日住宅着工件数や18日生産者物価指数(PPI)、19日消費者物価指数(CPI)など。いずれも上振れが注視されており、FRB議長による公定歩合の引き上げ地ならしを後押しする形で、ドルをサポートする可能性がある。


また、日本では17-18日の日銀金融政策決定会合が注目される。政策変更は見込まれていないが、会合前には「万一の追加策のリスク」が円高を抑制する。その分だけ会合で追加策が見送られると、失望の株安・円高が再燃するリスクも消えていない。

にほんブログ村 トラコミュ ドル円テクニカル予想へ
ドル円テクニカル予想

| ウィークリー | 16:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週の為替相場展望(2月1日~)◆株安・円高とドル全面高

にほんブログ村 トラコミュ FX短期トレード予想へ
FX短期トレード予想

今週の為替相場は、根強い株安・円高とドル全面高の動向を見極める展開となりそうだ。中国の金融引き締めや米国の金融規制を受けて、世界的に株安が進展しており、クロス円が主導する形での「リスク回避の円全面高」が持続する可能性は消えていない。


とくに昨年3月からは株高・資源高のリスク選好相場が長期化してきただけに、各国中銀の出口戦略に伴う過剰流動性相場の終焉とあいまって、過熱修正の株安が長期化するという警戒感もくすぶっている。ユーロ不信やFOMCでの一部委員の利上げ賛成票とあいまって、対円以外ではドル全面高が加速してきた。


ここに来てドル全面高に出遅れているドル円にもドル高の流れが波及しつつあり、世界的に少しでも株安が落ち着けばリスク回避の円全面高が後退。ドル円でのドル高・円安の本格点火と、ドル円での円安がクロス円で円安に伝播する余地が残されている。


今週は何と言っても5日の米雇用統計に注目だ。最近の雇用関連指標は低迷しており、下振れの懸念が強い。もっともすでに伸び悩みは織り込まれつつあり、少しでも予想を上回った場合がドル高や株高・円安のサプライズとして警戒されそうだ。

にほんブログ村 トラコミュ ドル円テクニカル予想へ
ドル円テクニカル予想

| ウィークリー | 17:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。